住宅ローンの選び方は?

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。

申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですしインターネットバンキングでも良いと思います。

また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。

といった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

それにより、確実に通る。

という風な単純なものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

住宅ローン借り換えがメリットになるのは、ローン残り返済期間が10年以上の人・残債が1000万円以上の人・新しい金利との0・3%以上の人・・に当てはまる人みたいですね。

借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

参考:フラット35のメリットは?公的ローンを選ぶ!【長期固定金利がいいの?】

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、どんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、これを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

他にも細かい条件があるので、確認しながら少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金無しでも住宅が購入できる!と言った宣伝も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。

ただし、月々の返済は多くなります。

返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

生涯の中でこれほど大きな金額を扱うことはないであろう、大切な住宅ローンですが何を基準に決定しましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方も新しく銀行で借り換えしたい方も口コミを参照しましょう。

ランキングで今、一番上位を飾るのが新生銀行なのです。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

直接、店舗に行って話を聞いてみるとのいいですね。

自宅が欲しいと思ったとき住まいの融資を申し込む人がたくさんいると思います。

多くの銀行で申し込みができるので評判が良い所を探したいですよね。

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

サイトでは、資金に関することのほか従業員の態度や店の雰囲気まで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもあり契約を良いものにしたい人には貴重、かつ良い参考になると思います。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例を挙げると年間で110万円を超えるお金をもらった場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

110万円以下であれば、税金はかかりません。

この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。

将来、住宅ローンを考えているけど高額なために利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知らないと損するかもしれない、そんな銀行を案内致します。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、かつローンを申請している人限定でイオンで買い物をすると、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

マイホームを現金一括で購入する。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

たいがいは、住宅ローンという借金をして購入します。

周りで借金を返している人の話を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

人によって、支払は最長35年にもなります。

金利の上昇等も気になるところですし人生は突然何かが起こるものです。

病気や事故にあう事だってあり得ます。

ですから、色々なリスクを考えて購入を考えることをお勧めします。

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

そうはいっても、家を購入するのは数千万単位のお金を要します。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

という様子は誰でもできる事ではありません。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫で借り入れする事です。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行や信用金庫などから申し込み可能なマイホーム購入時の融資が頼れます。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みは可能です。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。

という物でもありませんので、注意が必要です。