住宅ローンの選び方は?

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのが住宅ローンだと思います。
申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですしインターネットバンキングでも良いと思います。
また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。
といった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。
申し込み後、審査が通り、実際の支払に移行した場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。
その場合、会社で行われる年末調整では受付できないのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。
マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの際には、様々な資料が必要になります。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。
それにより、確実に通る。
という風な単純なものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。
住宅ローン借り換えがメリットになるのは、ローン残り返済期間が10年以上の人・残債が1000万円以上の人・新しい金利との0・3%以上の人・・に当てはまる人みたいですね。
借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

フラット35のメリットは?公的ローンを選ぶ!【長期固定金利がいいの?】