光ケーブルの接続にはコネクタが大切って本当?

インターネット回線を接続しようという時には、光ケーブルを使うという方がとても増えていますが、光ケーブルの利点といえば大きなデータも難なく送ることができるということと、なんといっても通信速度の速さではないでしょうか。
UTPケーブルを使った通信とは全く違う通信速度になるので快適にインターネットを使う事ができます。
しかし、光ケーブルを付ける時にはコネクタというものが必需品でSCコネクタとLCコネクタという種類がありまして、そこに電気信号を光に変えてくれるGBICまたはSFPを接続します。
GBICの方は形が大きくて、少し古い形のものになりますが、SFPの方は形も小さく、新しく開発されたものになります。
どちらを使ってもいいのですが、SFPとLCコネクタの組み合わせが今は多くなっているそうです。
光インターネット乗り換え?何を基準に判断するのか【料金・速さ】