インターフェロンは人間の治療薬だけかと思いきや、実は犬や猫にも使われるお薬です。とはいっても、犬猫の場合、人とは違うインターフェロンを使用するそうです。猫には猫用のインターフェロンがあり、犬には犬用のインターフェロンが開発されているそうです。猫の場合は猫エイズ等に使用され、犬の場合は、アトピー性皮膚炎の治療に主につかわれるようです。人間のインターフェロンは近年、培養技術の向上により、大量生産が可能になりましたが、犬猫のインターフェロンはまだまだ高額な費用がかかる事が多い様です。犬猫には国の保険制度もありませんし、人間と違い助成金もありませんので、高額なインターフェロン治療はまだ一般的ではないようです。

関連ページ